クロコダイル、ダイヤモンドパイソン、ヒッポ(カバ)の革の染色には、数ある藍の中から革の染色に最も適していると判断された蓼科の阿波藍を使用しています。

日本では江戸時代から行われてきた古来の伝統的染色技法である【藍染め】を革に活かす事を追求し、クロムや他の金属を一切使用しないベジタブルタンニンなめしに拘り、何度も試行錯誤を繰り返し完成した革です。

藍の葉を細かく切り乾燥させる【藍こなし】から、そこに打ち水をして醗酵させて【すくも】を作る【藍の切り返し】等の複雑かつ多くの作業工程を経て蓼藍は染料へと変化し、そこから他の染料では出す事の出来ない濃く深い藍色が生まれます。

深い藍色の革を使用した製品は革の持つ美しさを引き出す事を追求したfyah custom leathersのハイエンドラインです。
Copyright © fyah inc. 2003-2017 All Rights Reserved.